艶つや習慣(つやつや習慣) イボ

イボ対策化粧品人気bPの艶つや習慣(つやつや習慣)がなぜイボ対策に有効なのか

<良性のイボ>

 

主に紫外線による皮膚の角化異常や加齢が原因で、顔や首、胸、腹などに出現します。
皮膚科などで、レーザー治療によりできれいに取れます。

 

●首のまわりにできる小さなイボ(スキンタグ)
老人性いぼ(老人性ゆうぜい)と呼ばれています。

 

●盛り上がったシミ(脂漏性角化症)、
紫外線による皮膚の老化で、シミの消しゴム「ハイドロキノン」を塗っても消えません。

 

<保険治療適用のウイルス性のイボ>

 

ウイルスによるイボや水イボは増殖を防ぐため、早めの治療が必要です。
●手指、足底などにできるいぼ状の丘疹(尋常性疣贅)
ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)が接触感染にて、手指、足底などに発生し、小児期に多く現れます。
●水イボ(伝染性軟属腫)
プールなどで感染し子どもが出来やすいといわれています。

 

 

 

【イボに効果のある成分ヨクイニンの摂取方法】

 

ウイルスによるイボは抵抗力の弱くなっている状態で感染する確率が高く、保険治療ができて、よほど抵抗力が弱くなっていない限り、治療後も再発の可能性は低いとされています。
それに対して良性のイボは皮膚の新陳代謝が滞り、ターンオーバーが滞り古くなった角質からできてしまいます。

 

艶つや習慣(つやつや習慣)にも配合されているヨクイニンは皮膚の新陳代謝を促してくれるので徐々にイボに効いていきます。
では「ヨクイニン」をいかに摂取する方法をご説明します。

 

●ハト麦茶で体質改善
ハトムギに含まれているヨクイニンはイボ予防に効果的で、ハト麦茶として飲用できます。しかし、できてしまったイボを消すにはかなりの量を飲まないといけなくなります。

 

●ヨクイニン錠
新日本製薬からヨクイニン錠が販売されています。継続的に服用することでイボを抑えることができます。
皮膚科でも処方してくれるのですが、良性のイボの治療は保険適用外が一般的で改善までは相当費用が掛かります。

 

●艶つや習慣(つやつや習慣)
艶つや習慣(つやつや習慣)にはヨクイニンエキス、杏仁オイルが配合されていて、イボ治療に有効な成分をふんだんに含んでいます。艶つや習慣(つやつや習慣)に配合されている杏仁オイルは固くなった皮膚を柔らかくし、新陳代謝を促す効き目があります。
塗り薬として気になる箇所へ直接塗布し続けることによってダイレクトにその成分の効果が期待できます。

 

【最終手段は「レーザー治療」?それとも「艶つや習慣(つやつや習慣)」?】

 

イボは特別な皮膚疾患ではなく、老化現象でもあるのですから、いまイボがない人も何かしらの対策は必要になってきますよね。
そして、イボは放置して大きくなってしまえば最終的にはレーザー治療するしか摘出方法はなくなります。切除してしまえば、そのイボはなくなりはしますが再発する可能性はなくなるといえるでしょうか。

 

艶つや習慣(つやつや習慣)で効率よくヨクイニンをお肌細胞へ取り入れていけばイボは治療できます。
イボの予防、治癒、再発防止、その3つをすべてをサポートできるのが艶つや習慣(つやつや習慣)です。艶つや習慣(つやつや習慣)でイボの悩みはすべて完結させましょう。

 

 

>>艶つや習慣の詳細はこちら

関連ページ

艶つや習慣がその効力を発揮する「稗粒腫」の除去について
さて、稗粒腫(はいりゅうしゅ)という皮膚疾患をご存知ですか?稗粒腫は主に目の周りにできる直径1?2mm以内の半球状に隆起した、白色のボツボツですが、体質や加齢によるもので、特に病気のサインや、リスクのあるものではないので放っておいてもこれといった害はないにしろ、シミ、シワ同様見た目に問題があり、に多くの女性の悩みの種になっています。
アットコスメなどで「効果なし」の口コミ【本当の口コミを暴露!】
艶つや習慣(つやつや習慣)を使って効果なし、お肌に合わなかった、おすすめしないといった口コミがどのくらいあったかを調べてみました。アットコスメでの口コミ全般をご紹介します。